東京の真ん中、府中市で太陽光発電

他の地方に暮らしている方々のイメージでは、東京都というと、なんとなく都会であり、あまり自然環境について無頓着で、ネオンやアスファルト、コンクリートに囲まれて暮らしているのではないかみたいな、印象があるのかもしれません。
しかし、東京の真ん中にある府中市は、太陽光発電を始めとしたエコハウスを作り出す設備全てに対して、補助金を出していたりします。
色々と調べてみれば分かる事ですが、意外とエコという広い範囲で補助金を出している自治体は少ないのが現状です。
以前、打ち切っていながら、昨年の地震で世の情勢が変わったのを受けて、太陽光発電に対する補助を再開したとか、法律が変わって、売電価格が上がったのをきっかけに、メガソーラー事業を誘致する自治体は増えていますが、全ての設備に対して対応してくれているという場所は、非常に限られていますからね。
そう考えると、東京の真ん中にある府中市における対応は、他の地方に住んでいる人たちの印象を、ガラッと変えてくれますよね。
むしろ、山奥の自然に囲まれた場所で太陽光発電を設置している人を見ても、そういった場所を選んで暮らしている時点で、エコを意識しているのでしょうし、別段驚きも無いですが、府中市で太陽光発電を設置しているとなると、ちょっと見方が変わったりしますし、評価も高くなるような気がしますね。
都会で暮らして、人工的なエネルギーの恩恵を受けられる場所だからこそ、自分の家をエコハウスにするという事を、考えるのも一興ですよね。