江東区と災害と太陽光発電

江東区で太陽光発電の設置をするときに考えるのは自然災害のことです。
発電機は屋根などにそのままむき出しの状態で設置するのですが、万が一災害などがあり、外れてしまったり破損してしまった場合にはどうなるのでしょうか。
まず雹の場合ですが、これで発電機が壊れてしまう事はありません。
どこのメーカーでも共通している事なのですが、実は太陽光パネルはかなり頑丈にできているのです。
ですので雹の衝撃があっても壊れる事はありません。
表面がつるつるになっているのは、ガラスでできているからなのですが、かなり頑丈うなガラスでできているのです。
そして台風や地震などの災害なのですが、建物そのものが壊れない限りは基本的には太陽光発電だけが破損する心配はありません。
しっかりと屋根に設置していますので強風などがあっても取れないのです。
もしも取れてしまうようなことがあれば、それは設置した業者に問題があります。
メーカーからの保証は受けられませんが、取り付けをしたメーカーに対応させてください。
そしてもしもちゃんと設置されているのにも関わらず太陽光発電だけが破損により壊れてしまった場合にはメーカーの保証を受けることができます。
大体は一年くらいの保証になっているのですが、もっと長い場合もあるのです。
そしてメーカーのみならず取り付け業者による保証が受けられる場合もあるので安心してください。
災害に対してきちんと対策をしてくれる取り付け業者のほうで設置してもらいますととりあえずは安心です。
太陽光発電のメリットというのは災害のときにも使えるというところにあります。
万が一電線が切れてしまい、停電になったとしても太陽光発電だけは使えなければいけないのです。
災害ごときで使えなくなってしまっては意味がありません。
災害の時の非常用電源にするために設置した家もあるくらいです。
設置をもしも考えているのでしたら安全対策にも注目するべきかも知れません。