太陽光発電はまず小さいものから。

太陽光発電の設置で失敗しないための方法は、まず小さい太陽光発電をセットして、そしてその設備でどれくらいの発電量を確保できるのかを、調査することだと思います。
null日本の都道府県の各地によって、太陽光の恩恵を受ける量が違いますので、自分の家はどれくらいの太陽光の恩恵があるのかを、あらかじめ調査するわけです。
この調査で自宅のだいたいの発電量が判明しますので、その結果を見てから、どれくらいの大きさにするのかを判断すればよいのです。
このような方法で実施するのが、1番失敗の少ないやり方です。
私の知り合いで、いきなり自宅の屋根に太陽光発電を取り付けた人がいましたが、その人の家は、太陽光のあたりがあまり良くなく、思ったほどの発電が出来ませんでした。
そこでその人は、隣の家の石垣を借りて、そこに太陽光発電の設備をして、やっとの事で、期待通りの発電量になったそうです。
このような失敗をしない為には、先ず面積の小さいもので調査をする事が良い方法だと思います。